我が家に訪れた宝物たち
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/10/29(火)14:38
huku2.jpg

今朝のはなふくコンビ。
親バカを承知で言えば、2人ともチョ~イケメン
トイレにイン!なのが、ややザンネンだけど。。。




昨日の朝
とてもひさしぶりに、お客様のMさんにお会いしました。
Mさんは、可愛いヨーキーファミリーのママさん
優しくてキリッとしてて、とても素敵な方です。

ご無沙汰の挨拶の後、『メロが亡くなった事、お話したかしら?』と切り出されました。

メロちゃん。。。メロディちゃんは、Mさんちのヨーキーの男の子。
ミニーちゃんという可愛いお嫁さんを貰って、5人のベビーのパパさんに!
でも、パパになっても甘えん坊で、ベビーちゃんたちにも恐る恐るご対面。。。
そんな、一人っ子の頃のままの、ナイーブな甘えん坊王子でした

メロディちゃんは、まだ寒い2月の早朝、虹の橋を渡りました。
詳しいことは解らないですが、普通に元気にしていたのに、具合が悪くなり
翌朝の通院も間に合わないまま亡くなってしまったそうです

『でも、病院ではなくて、私が抱っこしたまま、本当に腕の中で見送りました。12歳でしたし、
幸せな子だったょね、と家族で話しています』

私もそう思いますょ、Mさん
ずっと大切に育てて来て、ママの腕の中で虹の橋に向かえて。
でもきっと、Mさんはご自分を責めたのだろうなー、と思います。
前の日から具合が悪そうだったのに、どうして病院に行かなかったのかしら
一晩待たずに病院に行けば、死なずに済んだかもしれないのに
何にも仰らなかったけれど、きっとMさんは、自分を責めたと思います
Mさんだから。そういう方だから

スーパーの野菜売り場で、いいオトナが2人、ポロポロ泣きながら別れました。



そして私は3階まで猛ダッシュ
仕事前にコッソリお弁当を買いに行ったんだった

家族に見守られて、家族の腕の中で旅立つのは、ワンニャンにとってとても幸せなコト
でも本当は、そうやって旅立ってくれるのは家族にとって幸せなのだと気づきました
メロディくん。貴方はとっても親孝行な子。
小さい体におっきなハートの子なのね。

Mさん。
なかなかお会いできないけれど、この広~い空の下、いつもどこかで繋がってますね。
時間薬は、即効性は無いけれど、効果は確実ですから
私も何度も試してますから
何度試しても、慣れる事ができないのが難点ですけど

スポンサーサイト
2013/05/25(土)13:00
わんこフードが切れたので、買いに行こうと思いました。
最近アンジュは体が重そう。。。体重管理用にしようかな。。。
そんな事を考えながら売り場に着いて、目に付いたのが「7歳以上」の文字
『おー!アンジュももうじき7歳だし、カロリーも少なめよね!』と
手に取る瞬間、目に飛び込んだのはその前に書かれた「シニア用」の小さな文字

一瞬手が止まりました。

頭でわかっていても、実際我が子の老いを、目の前に突きつけられた気がして
動揺した自分に、自分でびっくり

外でよそのワンコに会ったり、話の流れで『何歳ですか?』と聞いたりします。
そして、7歳を過ぎていると、何の気なしに
『ああ、そろそろシニアですね』と言ってしまってました。
気にする事ではないかもですが、飼い主さんを寂しい気持ちにさせてしまった事も
あったかもしれないなぁ...と、反省しました。



我が家のワンズで誕生日がわかってるのは、アンジュだけ。
8月で7歳になります。
モナカはひょっとしたら、もう少し上。
ヒューヒューとポーポーは、ちょっと若いかも。

口の周りが白っぽくなって『カビ!?』と思ったりしたけど白髪だし
落ち着いて散歩できる様になったなーと思ったけど、
歩くのがゆっくりになっただけかも
取って来い!も『何その横着な走り?』と思ったけど
ダッシュできなくなってるだけなのかな

うちに来た時は幼かったのに、いつの間にか同じ世代になって
いつかお母さんを追い越して、先にゴールしちゃうんだね。
お母さんにとっての5年半と、アンジュ達の5年半は速さが違うんだょね。
今までは、一年毎に一緒にいた時間の増えていくのがうれしかったのに
この頃は、あと何年残ってるかなぁ、と時間を止めたい気持ちがあります

つい一日に何度も
『ゆっくりおばあちゃんになるのょ。』とか
『どこにも行っちゃダメだょ。一緒におばあちゃんになろうね』と
言い聞かせてしまいます



センターには、高齢の犬猫も沢山います。
迷子の収容だけでなく、飼い主の持ち込みも多いです。
連れてきて置いて行くだけだから、行為の重さがピンとこないのでしょうか。
「持ち込む」という事は『殺してくれ』という事です
何年も一緒に暮らした子を「引っ越すから」と持ち込むのです

犬や猫は、飼い主を捨てたりしません。
それをするのは人間だけです。
何年も一緒に暮らした子を『引っ越すから殺してくれ』と連れて来るのです

人間の3倍、4倍の速さで生きるという事は、
人間の3倍、4倍の長い時間愛してくれたと言う事だと思います。

時間の速さを変えられないなら、せめて3倍、4倍の量で
愛してあげてほしいです
プロフィール

ちこ

Author:ちこ
初めは1ニャン。いつの間にやら大家族。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

ペットブログランキング

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

http://www.chibawan.net/data_new/azukari_catB.jpg

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

フリーエリア

   ☆家族募集中☆               はなまる      ふくまる

 | 宝物がいっぱい!TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。