我が家に訪れた宝物たち
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/09/02(金)16:22



今回も携帯から更新(=_=;)

昨日のセンターレポートで
引っ越しを理由に持ち込まれた、16歳のシーズー。
私を含めて、おそらく沢山の人が胸を傷めて。

問い合わせの多さに、受け付けを締め切らなければならない程で、

翌朝には引き出されるはずだったのに
たった一晩を待てずに、独り亡くなってしまった。

どうせ亡くなってしまうなら、どうしてあと1日、家族といさせてくれなかったのか!
16年も一緒に暮らしてきて、たった一晩が何故延ばせなかったのか!

この子を連れて行かれないのをわかっていて、引っ越し先を決める様な人達を、家族なんて呼びたくもないけれど

持ち込まれた翌朝には、沢山の人たちがこの子を迎えたいと待っていたのに

この子はそんな飼い主を信じて、それ以外の暮らしを拒んで、一晩で命を消してしまった


こんなにけなげな心を

こんなに純粋な想いを

飼い主に知らせてやりたい気持ちと、もったいなくて知らせたくない気持ちと


あなたの飼い主に、そんな価値はないよ!と、この子に言ってあげたい。
だけどこの子には、唯一の家族で、たった一つの世界だったから

命の力が、フッと抜けてしまったのか

沢山の、

あなたが知っているより遥かに広い世界の
遥かに沢山の人達が

あなたを迎えたいと心から思って、そしてあなたがいなくなった事を
心から悲しんで泣いているよ、と知らせてあげたい。

消えた命の前には無意味かもしれないけれど


こんな小さな命すら守れないなんて、人間なんてどれだけ傲慢でチンケな生き物なのか!

スポンサーサイト
2011/07/27(水)20:41
金曜日、久しぶりのセンター清掃でした。

センターに行った日は、我が家の子達が一層いとしく感じます。

当たり前の様に暮らしていても、実は一緒にいる事が

出会えて、私を選んでくれた事が、奇跡に近いのだと

あの場所へ行くとわかります

あそこには、何の落ち度も無いのに収容されている子ばかりが

人間に命の期限を切られています

たまたま巡り会わせで、収容されてしまっただけで

誰がいても不思議はないです

あそこにいたのは、もしかしたらうちの子だったかも...

こんなことを言うと罰が当たるかもしれませんが

みんな、お母さんの所に来てくれて ありがとう

死なずにいてくれて ありがとう

そして

命を消された子達

虹の橋なんかで待ってなくて良いです

新しい体で、どうか戻ってきてください

私の所でも、誰か ステキな家族の所でも

あなたを一生放さずに、全力で護ってくれる誰かのところへ

戻ってきてください


2011/04/29(金)16:08
出勤前に読んだ、センターレポート

レポートが更新される度、センターに清掃ボラに行く度

自分が人間である事を、心底恐ろしく、心底申し訳なく思う


あの子たちを裏切って、「処分」という名で殺すのは、私たち人間


人間でいる事を、やめたくなる


人間をやめたら、何になろう

それでも、あの子達に1人でも生き抜いて貰って

1人でも多くの人間に、罪を知らせて行くには

自分が人間でいるしかない


毎回何の足しにもならない涙を流しながら、それでもまた、センターに通い続けなければ
プロフィール

ちこ

Author:ちこ
初めは1ニャン。いつの間にやら大家族。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

ペットブログランキング

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

http://www.chibawan.net/data_new/azukari_catB.jpg

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

フリーエリア

   ☆家族募集中☆               はなまる      ふくまる

 | 宝物がいっぱい!TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。