我が家に訪れた宝物たち
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/05/03(木)00:23
rps20120505_134820_962.jpg



「犬部!」という本を買いました。
これは、青森県十和田市にある、北里大学獣医学部のキャンパスに実在する、『犬部』(現北里しっぽの会)のノンフィクションです

自他ともに認める1人の「犬バカ」な学生が、行き場の無い犬猫を保護、譲渡するためのサークル「犬部」を発足させた事から始まります

バイトする場所も無いような地域で、部室も援助も無く、それぞれが自分のアパートに動物を連れ帰り、仕送りや生活費を削って、犬猫の保護に情熱をささげています

こんな若者が。。。私からみたら子供くらいの年の子達が、驚くほどの活動を地道に続けている。。。
衝撃的で、涙が出るような思いで読みました。


その中に

『現実から目をそむけても、何も生まれない。そう思う一方で、できればこんな世界があるなんて、知りたくなかったという想いも胸にせまる。』

『一年前、自分は犬をかわいがるだけで元気になれる、ごく普通の幸せな愛犬家だった。
 でも、今は違う。何も知らない幸せな愛犬家には、もう二度と戻ることはできないのだ。』

という、ある部員の言葉が出てきます。心から離れない言葉です。
私も同じ想いをしたから。。。

預かりを始めたとき、命の期限を切られた子達の事は、理解したつもりでした。

でも

センターの清掃に参加するようになり、明日処分される子達を実際に目にするようになってからは、頭で想っているだけの方が、どれだけ楽だったか。。。と、思うようになりました

例えば何かの事情で、全てのボランティアを辞めたとしても、一度知ってしまった事は
頭から、心から、消える事は無いから

犬って可愛い
猫って可愛い

そう思って満足するだけの、ただの犬猫好きには、もう二度と戻れないです


また、後半には『犬部』を立ち上げた学生達の卒業に伴って起きた、危機が書かれています

少人数で始めた事が、人数が増えて「組織」になった時、様々なズレが生じます。
組織そのものの存続さえ危ぶまれる程の危機。。。これもまた、共感を覚えた出来事です。

少人数だからこその、メリット・デメリット
組織だからこその、 メリット・デメリット

とても大切で、とても難しい問題です。
何故なら、関わっているのは、みんなただの人間だから
感情もあるし想いもある。
共通点は「ワンニャンを救いたい」と言う想いだけ。
だから、時々その想いを確認しあったり、意識が共有できているか確認しあったり。。。

簡単なようでなかなか出来ない、だけど一番大事な事の気がします

『犬部』
出会えてよかった一冊になりました。





我が家の犬部

inubu.jpg



結構、平和です
スポンサーサイト
プロフィール

ちこ

Author:ちこ
初めは1ニャン。いつの間にやら大家族。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

ペットブログランキング

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

http://www.chibawan.net/data_new/azukari_catB.jpg

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

フリーエリア

   ☆家族募集中☆               はなまる      ふくまる

 | 宝物がいっぱい!TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。