我が家に訪れた宝物たち
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/01/11(金)23:30
登録してある県のボランティアに回ってきたメーリングの件で、I さんに連絡しました。
普通の返事の後に『実はね...』と書かれていたのは、I さんの大事なワンコの
健ちゃんの事でした


『実は、11月の末に、健が腎不全で倒れて。。。』
最初の数行で、胸がギューっと辛くなりました。
胸が痛い、とは良くある言い回しだけど、生まれて初めて、
胸が痛むって本当にあるのだと知りました。

5日間入院して24時間点滴。その後は6時間の点滴をしに、1ヶ月間毎日通院。
お正月も休診日もなく、毎日。彼女自身も倒れました

連れて帰りたい、という彼女に先生は
『今はとにかく集中して治療しましょう』と首を縦に振らなかったそうです。

でも、ますます数値の悪化する健ちゃんに、
今度はあっさり退院して通院に切り替えを提案したそうです。

体重もガクンと落ちていた健ちゃん。
でも、自宅へ戻ってからの健ちゃんは、まだ危険値ながら徐々に数値が下がり
食欲も戻ったそうです。それを見る I さんも少し落ち着いたそうです。

事実だけで考えたら、入院して24時間体制で治療した方が安心です。
でも、健ちゃんにとっては、ケージの中で針を刺されてるより、家でママのそそばにいる方が、
はるかに効いたのでした。
食欲も戻り、散歩もできてママのそばで幸せそうな寝顔を見せているそうです。。。
24時間の点滴でも改善しなかったのに。


『でもね』と Iさんが』言いました。

今でこそこうして文字にできるけど、怖くて文章にする事も、写真を撮ることも
できなかった、と。
健ちゃんは?と聞かれるのが辛くて、人を避けて歩いてたの、と。
本当は血液検査をしなきゃいけないんだけど、元に戻ったかの様に見える健ちゃんを見ると、
また現実に引き戻されるのはキツイ
『もう少し夢見てたいから、まだやらない!って言っちゃった。とんでもない飼い主よね』って

私は『わかるよ』というセリフは軽々しく使うべきじゃないと思っています。
本当の気持ちは絶対本人にしかわからないからです。
だけど健ちゃんの事は、本当に沁みました。文章にもできず写真も無理だった、というのは
本当に刺さりました。

とんでもなくなんかない!
現実を知るのは、できれば少しでも先に延ばしたい。。。親なら当たり前の感情です


今回の件で、どんなに同じ想いを感じても
気持ちの辛さや痛みを代わってあげる事はできないんだ、と痛切に感じました。
私がどんなに泣けても、健ちゃんと向き合っているのは I さんだからです。
健ちゃんとにとって I さんだけがお母さんで、
健ちゃんの目には I さんしか映ってないからです。

ワンニャンはみんな、自分の家族だけが全てです。
私はわが子に、 I さんと同じだけの想いをかけてやれるだろうか。。。
自分を振り返り、考えてしまいました

健ちゃん
健ちゃんのママは世界一
きっと健ちゃんと同じだけ、健ちゃんのママも戦ってるからね
ママには負けちゃうけど、おばちゃんも健ちゃんの事を想ってるから。
『イヤな夢だったね』って笑おうね








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://9nyan.blog32.fc2.com/tb.php/115-738e47dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

ちこ

Author:ちこ
初めは1ニャン。いつの間にやら大家族。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

ペットブログランキング

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

http://www.chibawan.net/data_new/azukari_catB.jpg

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

フリーエリア

   ☆家族募集中☆               はなまる      ふくまる

 | 宝物がいっぱい!TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。