我が家に訪れた宝物たち
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/02/16(水)23:16
burogu2_20091109224632.jpg
「こ~んなの、迷惑なんじゃねぇの!?」

休憩室でお弁当の後、突っ伏してウトウトしていると、同じビルのテナントの、魚屋さんのだみ声。
目を開けるとテレビでは「動物病院24時」みたいな番組。画面では手術の後リハビリを続ける犬や、発作で運ばれる犬たち
ちょうどその時は、救急の場面。
倒れた犬は、心臓から出血してて、抜いても抜いても止血できない。
助ける方法がない。ドクターに説明を受ける飼い主さん。
優しい声で「どうしますか?」と問いかけるドクター。飼い主さんは連れて帰る事を選びました。
診察台に横たわって会話を聞いていた愛犬を撫でながら、小さな声で何度も「ごめんね」と繰り返して。
burogu anjyu

そこでまたさっきの声
「こんなの、犬にしてみりゃ迷惑なんじゃねぇの?生かしておくのだって、飼い主の自己満足でさぁ。犬はすんなり死にたいかもしれないじゃん。」
大声で誰にともなく言い放つ。こんな時、必ず誰でも言うような通り一遍の良くある意見。


このおじさんは、愛する者を見送った事がないのかなぁ。動物でも肉親でも、想いは変わらないのに。
毎日何度も口にする、何気ない「ごめんね」
だけど最後の「ごめんね」には沢山想いがこもってる。もう謝る事も出来ない所へ行ってしまうから
burogu.jpg

「早く気付いてあげなくてごめんね」
「勝手に辛い治療を我慢させてごめんね」
そしてなにより「助けてあげられなくてごめんね」

何度も何度も繰り返す。
burogu  2

テレビでは、ドクターと話し終わった飼い主さんが、隣の部屋で待っていた犬を連れて帰るために
そっと抱き上げていた。飼い主さんが近づくと、動かず声も出せなかった犬がウォンウォン、と何度か吠えた。
burogu 3ninn
おうちで最後を看取るため、愛犬とご夫婦3人で帰っていった。
生き物と暮らすのは、とても根気のいる事。そして、とても勇気のいる事。
みんないつかは二度と言えない「ごめんね」を呟く日が来るから

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://9nyan.blog32.fc2.com/tb.php/23-5b2a6d62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

ちこ

Author:ちこ
初めは1ニャン。いつの間にやら大家族。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

ペットブログランキング

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

http://www.chibawan.net/data_new/azukari_catB.jpg

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

フリーエリア

   ☆家族募集中☆               はなまる      ふくまる

 | 宝物がいっぱい!TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。